初心者のためのオンライン株式取引ガイド

買い時を掴む

はじめての株式投資、まずは株を買うことから始まります。

買う時のコツとしては、1週間ほどじっくりとその銘柄の動きを観察することです。値動きには癖があります。癖が掴めてきたら、チャートや日経の動きを勘案しながら、明日は上がるか下がるか、だいたいの予想が付くようになります。

1日の内にも株価は上下します。特にめぼしいニュースが目先になく買い急がない場合は、今まで観察してきたその銘柄の値動きからおそらくその日につけるだろうと思われる安い値で指しておくといいでしょう。

ヤフーファイナンスの掲示板から銘柄情報を得るのも有効です。株価の高騰や急落の要因、その後の動きの予測などを専門的な知識を交えて解説している投稿もあるので初心者には大助かりです。

ただし、売り煽りや買い煽りと呼ばれる投稿もあるので、騙されないよう注意してください。売り煽りは、安く仕込みたいために売りを誘ったり、信用売りをしていて下落を狙います。買い煽りは、仕込み終わった株を騰げるために、その銘柄に対して甘いことばかりをそそのかします。

特に悪い要因もなく、チャート的に底を打った時や、長期的に見てその株が有望な時は、即決して買うのも手です。待っていると株価はみるみるうちに騰がってしまい、「あの時買っておけば良かった」いうことになりかねません。