初心者のためのオンライン株式取引ガイド

噂で買って事実で売れ

タイトルの「噂で買って事実で売れ」は、株は噂で買って、事実で売れという意味の有名な格言です。噂が出た時は期待感から買われますが、株というのはその企業の先行きで買われますので、事実が出て材料がなくなると、心理的に空白ができ、そのままストンと下がることがあります。

例えば、新製品が開発され、マーケティングでも買いたい人が圧倒的に多いというニュースが流れると、その企業の株に買いが集まり、株価は上がります。

その後、新製品が発売され、商品の売れ行きが好調という事実がニュースで伝えられても、その事実は既に新製品開発のニュースが出た時点で株価に織り込まれて充分割高になっていますので、それほど騰がらず、むしろ事実が確定したことで下がることもあります。

要するにニュースを聞いてから買っても、もう遅いということです。株は椅子取りゲームと同じで早い者勝ちです。早く情報を仕入れて早く買っておいた人が一番得をします。企業の業績でもポジティブな決算予想が出た時は株価が騰がりますが、決算発表後に新しい材料がないと下がります。

筆者の売り方

私の場合、購入額が50~70万程度で、5万円程度の含み益が出ていたら、チャートが山に差し掛かっていて値動きが鈍ければ、一旦利確してまた下がるのを待ちます。このように短期で利幅を取りに行く売買をスイングトレードといいます。