初心者のためのオンライン株式取引ガイド

デイトレードの注意点・差金決済取引

今日買った銘柄が騰がったので売り、同日中に安くなったのでまた買い戻す、或いは昨日まで持っていた銘柄を売って、安くなったので買い戻し、騰がったので更に同日中に売る場合には、銘柄の価額と同等の余力資金が口座に必要です。

口座に余力資金がない場合は差金決済取引に該当する怖れがありますのでデイトレードできません。差金決済取引は法令で禁止されています。売却して戻ってきた代金で他銘柄へ乗り換えることは出来ます。

同日中に・・・
× A銘柄を買い付け→A銘柄を売り付け→A銘柄を買い付け
× A銘柄を売り付け→A銘柄を買い付け→A銘柄を売り付け
※差金決済取引に該当する怖れアリ。余力資金で買い付ける場合はOK。

同日中に・・・
○ A銘柄を売り付け→A銘柄を買い付け
○ A銘柄を買い付け→A銘柄を売り付け→B銘柄を買い付け

権利落ち日に売却した決算銘柄の売買代金で、同日中に決算銘柄以外の銘柄を買い付けることも、差金決済に当たるので出来ません。決算銘柄は受渡日が4営業後になりますが、決算銘柄以外は受渡日が3営業後になるためです。決算銘柄以外の銘柄を購入するには余力資金が必要になります。詳しくは各証券会社のヘルプをご覧ください。