初心者のためのオンライン株式取引ガイド

東証1部・2部上場銘柄は上昇率が低い

東証1部・2部に上場したIPO銘柄の初値は上昇率が低い場合が多いです。公募価格に対して0%の上昇率の銘柄も目立ちます。

原因として、東証1部・2部に上場予定の企業は、既に広く一般に名前の知られている中堅企業だったり、大企業の子会社だったりで、業績が悪い意味で安定していて劇的な成長性が見込めないからというのが考えられます。

一方で、ジャスダックやマザーズ、ヘラクレス市場などへ上場する新興企業の銘柄は上昇率が比較的高くなっています。IPOの抽選に応募する前に、どこに上場するのかをチェックする事も必要です。