初心者のためのオンライン株式取引ガイド

「下手なナンピン、スカンピン」とは言うけれど・・・

40万円で購入したA銘柄ですが、なかなか損切り出来ずにホールド、その後30万円まで下がってしまいます。ここでもう一単元購入することにしました。これをナンピン買いと言います。

ナンピン買いをすることで平均購入単価を下げることが出来ます。この場合、平均購入単価は35万円です。

その後、急落のリバウンドから株価は3500円まで戻しました。ここで売ってしまいます。ナンピン買いしていなければ40万まで戻らないと損失が出ている状態でしたが、30万円でナンピン買いしたことで、半値戻して売ってトントンになりました。

ただしうまく行かない場合もあります。株価3000円の時点でナンピン買いしたものの、その後2000円まで急落し、含み損は30万円に拡大。ナンピン買いをしていなければ含み損は15万で済んでいました。

「下手なナンピン、スカンピン」という株の格言があります。上手にナンピン買いすることが巧く儲ける秘訣です。

※新興市場は崩れると短期で大きく下げることが多いので注意が必要です。