初心者のためのオンライン株式取引ガイド

投資と投機の違いは何か

しばしば、「それは投資ではなく投機だ」という発言のように、株式取引に関して批判的な意見を耳にします。

株式取引において、投資と投機の区別は曖昧です。投機とは値上がり(信用の売りにおいては値下がり)を見越して、短期売買で利鞘を稼ぐことです。デイトレやスイングトレードなどが投機に当たります。

一方投資とは、その会社や経営者の理念に共感したり、その会社が提供している物やサービスが社会貢献を果たしている事に共鳴して、会社にお金を預けて更なる発展のために役立てて貰うという事です。将来的に株価が値上がりすれば、投資の見返りとして株を売却して利益を得ます。

株式投資では、たとえ上述した目的で投資したとしても、その後そこそこの含み益が出たら売ってしまう事もしばしばです。地合が悪くなったり、株式市場を揺るがす衝撃的な事件が発生した場合にも、手放してしまいます。投資のつもりで購入した株でも、目先の利益に心変わりして短期で売ってしまい投機になるという事もしばしばです。

故に株式投資の世界では、投資と投機の境界線は曖昧になりがちです。

保有していた企業の株が粉飾決算などの犯罪行為による暴落で紙屑になったような場合、投資を目的とした場合には株主代表訴訟を起こす大義名分が立ちます。しかし短期の利鞘獲得が目的でたまたま持ってた株が同じ理由で紙屑になった場合には、大義名分が立ちにくくなります。

会社の言う事を信じて買ったわけではなく、チャートからの判断で利鞘を稼ぐ目的で買ったわけですから、会社に騙されたと胸を張って訴えられないわけです。人間は嘘はつけても、チャートは嘘はつけません。

では投資とは何かという命題に突き当たる事になりますが、純粋に投資をするという事になると、1年以上の長期投資を選択する事になります。